ケンパチの「ガジェット・もんスタぁ!!!(ガジェもん)」

けんぱちが自腹で買ったガジェットやその他周辺機器類や道具について色々好き勝手なことを書いていくブログ

今年はiPadとiPhoneどうなっていくんでしょう?勝手妄想!

昨年は終わってみるとAndroidiPhone(というかApple)の話題が満載だった一年ではないでしょうか。

今年は果たしてどういう年になるのでしょうか。

今年はこういうのがみたいなぁという項目を自分勝手にあげてみました。

 

 

【やはりiPadiPhoneの話は外せない】

恒例ですが、iPad3と新しいiPhoneの発売は避けて通れないのではないでしょうか。

時期はともかくとして、おそらく両方共必ず発売はされることでしょうから、話題はどういった形で発売されるかということになると思います。

 

先ずはiPad3。既に噂系サイトでは、クアッドコアになるとかRetinaディスプレイになるとか、色々と話しが出ていますが、機器の性能アップだけではなく、初代のiPadが消費者に与えたような衝撃が、3でも新しい使い方を提案できるか否かが問題になってくるのではないでしょうか。

 

さて、問題はiPhoneです。名前が「5」になるかどうかはともかくとして、おそらくはLTEの搭載が有るのではないでしょうか。そうしないと、他社のスマートフォンとの機能差にさすがに耐えられないと思います。

とすれば、日本での発売はLTEで先行しているdocomoからの発売に期待が高まりますね。

LTEがついているのに、LTEのサービスが提供されないソフトバンクで発売してもあまり意味がありませんからね。

となると、いよいよ満を持してdocomoから発売というのは可能性がかなりの確率であるのではないでしょうか。

 

LTEとは別に個人的にはNFC技術にも注目しているのですがどうなんでしょうか。

日本ではFeliCaが普及しているんで、これから普及していくのは不通に考えると難しい気がしますけど。

 

 

スマートフォンOSはどうなっていくのか】

後は、各社のスマートフォンOSがどう進化していくのかにも注目したいと思います。

WindowsPhone7で話題になったpeopleというインターフェイスから、OSレベルでe-mailのアドレスのみならず、Social Networkのアカウントもサポートするようになりました。

 

その影響で、iOSもiOS5から、Androidも4.0から同じようにOSレベルでSocialアカウントが設定出来るようにしたりと、同じような方向に進もうとしているように見えます。

この流れが今後のOSのUIデザインにどのような影響をあたえるのか、iOS6またはAndroid5.0はどのような進化をしていくのかにも注目です。

 

OSといえば、オープン化されると発表のあったWebOSの今後の発展が気になります。

今の状況からスマートフォンのOSで主導的な地位を確立していく事は難しいとは思います。ただし、1〜2年で状況が大きく変わる世界ですから、技術としてはなんとか生き残って欲しいと思っています。

 

そして、完全に遅れを取った形になっているWindowsPhone7の今後の戦略にも注目ですね。

 

 

【新しいUIとして期待の技術にも注目】

そして次世代のUIとして注目の高いSiriがいよいよ日本語にも対応の予定です。個人的には英語の状態でも試しに使っていますけど、かなり精度が高いです。日本語で本格的なサービスが始まったら、かなり生活変わってしまうのではと今から期待大です。

 

Siriをきっかけに、Googleでも改めて音声認識の技術にテコ入れするようですし、WindowsPhone7でもどういう対抗手段を打ってくるのかを見守りたいと思います。

 

次世代UIといえばもう一つ、モーションキャプチャー技術であるKinectもどう展開していくのか注目です。

ゲーム機の世界もかなり競争が激しく、一時期はSONYが独壇場だと思われたのが、Wiiで任天堂の勢力が増し、さらにKinectで毎回ジリ貧だったXboxが今では最も注目された機種になっているとは、5年前などは思ってもみなかったです。

問題は、どうやってこのKinectをUIレベルにまで進化させるのかということですね。PCへ導入するということも今後はありうるのでしょうか。モーションでコントロールするテレビも発売されていましたし十分に考えられると思いますが、今年そういった事が起こるかどうか、Microsoftがこの技術をどう展開していくのかを見ていきたいです。

 

 

【デームデバイスはどうなんでしょう?】

最後に、年末にちょろっと発売されたPSVita。

私も機器の性能にひかれて買ってはみたものの、大したソフトもなく先行き不安な見通しです(詳しくは)。

デバイスとしても、機能は詰め込んでいるもののイマイチ成熟していない気もしますし、発売してみたけど、まだまだこれからという印象です。

一方で値段を安くしてから売れ始めている3DSもどうなるのか注目です。

両機種とも今後は何をもって機種を盛り上げていくのか、ゲーム以外の部分をどう取り込んでいくのかを中心に見ていきたいと思います。

 

 

ダラダラと書いてしまいましたが、今年もいろいろ注目していく所がありそうで楽しそうな一年になりそうです。