ケンパチの「ガジェット・もんスタぁ!!!(ガジェもん)」

けんぱちが自腹で買ったガジェットやその他周辺機器類や道具について色々好き勝手なことを書いていくブログ

Lumia 800 使用レポート

前回開封をおこないましたLumia 800ですが、その設定を含めていじっておりましたので、その辺の感想をお伝えしたいと思います。

 

先ず設定ですが、これはさすがに問題なく「日本語」の設定を選択肢があるので、問題なく設定ができました(前のバージョンでは無かったのかどうかはわかりませんが)。

 

動画をとっておいたと思ったのに、実はとれていなかったようで申し訳ないのですが、どういうわけか日本語を選択した後に、リブートがかかりました。

 

先ずは、外観からにしましょう。

 

このNokia Lumia 800ですが、ボディは一体成型のプラスティック系の本体に画面がはまりこんでいるといった感じです。

青を買いましたがピンクとクロもあるようですが、やっぱり青でよかったと思います。青カッコイイです!

 

一体成型のボディについては個人的にはかなりお気に入りです。

Appleとはデザインコンセプトはかなり違いますが、それに似たデザインに対しての拘りが感じられるデザインになっていると思います。

 

では早速がいかんの比較から。

自分が持っている、Nexus OneとiPhone 4と並べるとこんな感じです。

f:id:z_kenpachi:20120102192113j:plain

 

裏はこんな感じ。

f:id:z_kenpachi:20120102192040j:plain

 

背面のカメラ部分には、カールツアイスの文字が見えますね。

f:id:z_kenpachi:20120102192535j:plain

 

上部の比較

後でもちょっと説明しますがちらっと見えてるのが、フタでこれを開けるとマイクロUSBのコネクターが見えます。

こういった細かい点には気を使っていることが分かりますね。

f:id:z_kenpachi:20120102191952j:plain

 

下部の比較

f:id:z_kenpachi:20120102192155j:plain

下も、スピーカーっぽいのが見えるだけで、すっきりしたデザインになっています。本当にシンプルなデザインを目指しているという心意気が感じられますね。こういう心意気は好きです。

 

左側の比較

f:id:z_kenpachi:20120102192002j:plain

すっきりしていますね。

 

右側の比較

f:id:z_kenpachi:20120102191912j:plain

銀色に見えるのが、スリープ/スリープ復帰ボタンとボリュームボタンです。

ただ問題なのは、説明が何も無い所です。アイコンや記号も印刷されていないので説明書を読まないと何のボタンなのか全くわかりません。

f:id:z_kenpachi:20120102192711j:plain

すっきりし過ぎで何のボタンなのかわかりにくい

 

びっくりするのが、今までの写真は全て買った時に入っていたカバーを付けての撮影だったのです。

オリジナルカバーが本当にフィットしていて、全く厚さをつけることが無いところにも、こだわりを感じます。いや〜こういうの好きです。

 

後外観の特徴としては、フロントカメラがありません。

このタイミングで出した端末としては、何故フロントカメラを付けなかったのか意味が分からないのですが、単純に設計などが間に合わなかったのかもしれません。

これでフロントカメラが付いていたら、フラッグシップモデルとしてかなり売れているかもしれませんね。

噂されているLumia 900(?)にはフロントカメラが付けられるんでしょうか。

 

もう一つ特徴としては、マイクロSIMを採用しているところです。

iPhone以外にもマイクロSIM使っている端末あったんですね。ちょっと驚きました。

 

さて、先にも述べたUSBポートなのですが、面白い事に上部の蓋からアクセスすることになります。

意外としっかり作られているのですが、それでもプラスチックなので充電中に引っ掛けて壊さないかなんとなく心配です。

f:id:z_kenpachi:20120101115242j:plain

普通は、こういう部分の蓋の素材は、ラテックス製やもっと柔らかい樹脂を使うのですが、Nokiaは硬いプラスチックを使用しています。おそらく、蓋を閉めた時の一体感を気にしてのことだと思いますが、壊れちゃったらどうするんでしょうね。

 

ここまで書いてきましたが、特徴がお分かりいただけたでしょうか。

個人的には、思ったよりもデバイスの出来がよくて、相当心が揺さぶられています。

Apple製品以外では、珍しく「使っていきたい」「道具として持っていたい」と感じさせてくれるデバイスだと思います。

 

まとめ

よい点

  • Nokiaはやっぱりいいデバイスを作ります!:一体成型のボディといい、無駄なスイッチ類も極力表に出さないようにデザインされたこだわりは、Appleはともかく他のメーカーにはないものだと思います。愛着が持てるデバイスとして仕上がっていると思います。
  • 大きさ:色々な事情があってのことかもしれませんが、このタイミングでだすデバイスとしては、コンパクトだと思いますが、これがかえってよかったのではないかなと思います。みんなが気安く持ち歩ける大きさではないでしょうか。

 

残念な点

  • フロントカメラは欲しかった!:やっぱりこの時期にだす、しかもある意味起死回生の意味もある位置づけのデバイスなら、なおさらフロントカメラ欲しかったところです。せっかくバックもカールツァイス社と拘っているんですからね〜。惜しい、誠に惜しい。

暫く色々と遊んでまたレポートしてみたいと思います。

 

今年はiPadとiPhoneどうなっていくんでしょう?勝手妄想!

昨年は終わってみるとAndroidiPhone(というかApple)の話題が満載だった一年ではないでしょうか。

今年は果たしてどういう年になるのでしょうか。

今年はこういうのがみたいなぁという項目を自分勝手にあげてみました。

 

 

【やはりiPadiPhoneの話は外せない】

恒例ですが、iPad3と新しいiPhoneの発売は避けて通れないのではないでしょうか。

時期はともかくとして、おそらく両方共必ず発売はされることでしょうから、話題はどういった形で発売されるかということになると思います。

 

先ずはiPad3。既に噂系サイトでは、クアッドコアになるとかRetinaディスプレイになるとか、色々と話しが出ていますが、機器の性能アップだけではなく、初代のiPadが消費者に与えたような衝撃が、3でも新しい使い方を提案できるか否かが問題になってくるのではないでしょうか。

 

さて、問題はiPhoneです。名前が「5」になるかどうかはともかくとして、おそらくはLTEの搭載が有るのではないでしょうか。そうしないと、他社のスマートフォンとの機能差にさすがに耐えられないと思います。

とすれば、日本での発売はLTEで先行しているdocomoからの発売に期待が高まりますね。

LTEがついているのに、LTEのサービスが提供されないソフトバンクで発売してもあまり意味がありませんからね。

となると、いよいよ満を持してdocomoから発売というのは可能性がかなりの確率であるのではないでしょうか。

 

LTEとは別に個人的にはNFC技術にも注目しているのですがどうなんでしょうか。

日本ではFeliCaが普及しているんで、これから普及していくのは不通に考えると難しい気がしますけど。

 

 

スマートフォンOSはどうなっていくのか】

後は、各社のスマートフォンOSがどう進化していくのかにも注目したいと思います。

WindowsPhone7で話題になったpeopleというインターフェイスから、OSレベルでe-mailのアドレスのみならず、Social Networkのアカウントもサポートするようになりました。

 

その影響で、iOSもiOS5から、Androidも4.0から同じようにOSレベルでSocialアカウントが設定出来るようにしたりと、同じような方向に進もうとしているように見えます。

この流れが今後のOSのUIデザインにどのような影響をあたえるのか、iOS6またはAndroid5.0はどのような進化をしていくのかにも注目です。

 

OSといえば、オープン化されると発表のあったWebOSの今後の発展が気になります。

今の状況からスマートフォンのOSで主導的な地位を確立していく事は難しいとは思います。ただし、1〜2年で状況が大きく変わる世界ですから、技術としてはなんとか生き残って欲しいと思っています。

 

そして、完全に遅れを取った形になっているWindowsPhone7の今後の戦略にも注目ですね。

 

 

【新しいUIとして期待の技術にも注目】

そして次世代のUIとして注目の高いSiriがいよいよ日本語にも対応の予定です。個人的には英語の状態でも試しに使っていますけど、かなり精度が高いです。日本語で本格的なサービスが始まったら、かなり生活変わってしまうのではと今から期待大です。

 

Siriをきっかけに、Googleでも改めて音声認識の技術にテコ入れするようですし、WindowsPhone7でもどういう対抗手段を打ってくるのかを見守りたいと思います。

 

次世代UIといえばもう一つ、モーションキャプチャー技術であるKinectもどう展開していくのか注目です。

ゲーム機の世界もかなり競争が激しく、一時期はSONYが独壇場だと思われたのが、Wiiで任天堂の勢力が増し、さらにKinectで毎回ジリ貧だったXboxが今では最も注目された機種になっているとは、5年前などは思ってもみなかったです。

問題は、どうやってこのKinectをUIレベルにまで進化させるのかということですね。PCへ導入するということも今後はありうるのでしょうか。モーションでコントロールするテレビも発売されていましたし十分に考えられると思いますが、今年そういった事が起こるかどうか、Microsoftがこの技術をどう展開していくのかを見ていきたいです。

 

 

【デームデバイスはどうなんでしょう?】

最後に、年末にちょろっと発売されたPSVita。

私も機器の性能にひかれて買ってはみたものの、大したソフトもなく先行き不安な見通しです(詳しくは)。

デバイスとしても、機能は詰め込んでいるもののイマイチ成熟していない気もしますし、発売してみたけど、まだまだこれからという印象です。

一方で値段を安くしてから売れ始めている3DSもどうなるのか注目です。

両機種とも今後は何をもって機種を盛り上げていくのか、ゲーム以外の部分をどう取り込んでいくのかを中心に見ていきたいと思います。

 

 

ダラダラと書いてしまいましたが、今年もいろいろ注目していく所がありそうで楽しそうな一年になりそうです。

Nokia Lumia800 開封の儀!!!

あけましておめでとうございます。

はてなブログが一般公開されましたし、ここで改めてガジェット系の話を中心に書く場所を作ることにしました。

色々とブログサービスがありますが、とりあえず深く考えずにはてなさんに引続き書かせていただくことにしました。

 

さて、新春第一弾としては、31日に届いたNokiaのWindowsPhone7搭載スマートフォンである、Lumina 800です!

 

何故にWindowsPhoneなのか?

既にスマートフォンOSは、AndroidとiOSがかなり優勢と伝えられていますが、WindowsPhone7のUIの良さなどもかなり評価が高く、前々から気になっておりました。

ガジェット好きとしては、一度は使ってみないことにはなんとも言えないのでいつかは端末をと思っておりましたが、以前のバージョンは日本語入力にも対応しておらず、二の足を踏んでいました。

そうこうしているうちに、NokiaがWindowsPhone7へのコミットメントを発表したので、期待を持って待っていたのがこのLumina 800というわけです。

 

 

何故にLumina 800なのか?

確かに、Mangoを搭載したWindowsPhone7スマートフォンは他にもありますが、何故Nokiaなのかと言われるとちょっと話が長くなりますが、端的に言うとNokiaスマートフォンがWindowsPhone7のなかではリファレンスモデルといっていいと思っているからです。

リファレンスモデルというと、他のOSではAndroid搭載のスマートフォンがありますが、個人的にはスマートフォンを購入する際に、このリファレンスモデルがとても重要だと思っています。

スマートフォンを持つことのもっとも大きな利点は、OSのバージョンアップがあり、それによって常に進化するということです。端末が高価格化しているなかで、このことはスマートフォンを持つ要素として外せない要素だと個人的には思っています。

ただ、OSがライセンスされるAndroid系やWindowsPhone7系のスマートフォンは、バージョンアップに対応するか否かは、メーカー側の判断による所が大きく、必ずしもバージョンアップがされるわけではありません。

その中で、最も速やかに且つ、確実にバージョンアップが期待できるのが、リファレンスモデルというわけです。

Android系では当初はHTC、そして現在ではサムソンがレファレンスモデルを出しています。

WindowsPhone7系では、明確にレファレンスモデルというのは無いのですが、NokiaのWindowsPhone7へのコミットメントから、レファレンスモデルに近いと思いLumia 800を選んだということです。

※レファレンスモデルでも4.0ではGlaxy Sとか切られてるので、必ずしもレファレンスモデルがいいというわけでもないんですけどね。 

 

前置きはこのくらいにしていよいよ開封!

先ずは箱から!

f:id:z_kenpachi:20111231200504j:plain

こんな感じです。

 

iPhone4Sの箱と比べると、だいぶでかい印象です。

f:id:z_kenpachi:20120101112424j:plain

f:id:z_kenpachi:20120101112446j:plain

厚さ(高さ?)は、ほぼ倍位ですね。

 

箱のおしりにタブがついていて.....

f:id:z_kenpachi:20111231200535j:plain

引っ張ると本体が

f:id:z_kenpachi:20111231200549j:plain

一番上に乗っています。

f:id:z_kenpachi:20111231200613j:plain

ジャーン!いよいよお目見えです!

が、はやる心を抑えて箱の中身の確認です。

 

上から順番に出していくと、重箱みたいに色々とでてきて...

f:id:z_kenpachi:20120101112625j:plain

(右から、本体、マニュアル、オリジナルケース)

 

一番底に、みにUSBのケーブルとアダプターなんかがあります。

f:id:z_kenpachi:20120101112631j:plain

f:id:z_kenpachi:20120101112700j:plain

ジャーン!

面白いのは、本体の他に全く同じデザインのラバー製のケースが入っているところです。

本体だけで使っても問題はないのでしょうけど、オリジナルのケースはそのままつけても、本来のデザインを損なうことが無いのでこういった心遣いは嬉しいですよね。

後、色々細かいマニュアルなんかもあって、Apple製品に慣れていた私にとってはちょっと新鮮です。

使いかってやその他のところは、追ってレポートしていきたいと思いますので、お楽しみに!

 

では!今年もよろしくお願いいたします!