ケンパチの「ガジェット・もんスタぁ!!!(ガジェもん)」

けんぱちが自腹で買ったガジェットやその他周辺機器類や道具について色々好き勝手なことを書いていくブログ

自宅のネットワークをFingboxで監視しよう!(開封編)

自宅のネットワークに何が繋がっているか知ってますか?

皆さんは、自宅のネットワークにどんな機器が繋がっているか把握していますか?
自分の場合は、試用で使っているものを含めるとスマホが数台。タブレット、ノート、PS4PSVita、Switchくらいまでは思いつくんですけど、FireTVなどのセットトップボックス、ビデオ、テレビ、ネットワークディスク、ホームセキュリティ機器Wifiルーター中継器などなど、普段あんまり意識していない機器も結構繋がっていたりします。

ちなみに、自分の場合はFingboxで見て見ると、30台弱位のデバイスが発見されました。

最初は驚いんたんですが、一個一個確認をしていったら、怪しいものはありませんでした。

このように、自分のネットワークにどんな機器が繋がっているのか(いたのか)、さらにそれらがいつネットワークに接続しているのかなどの挙動が監視できるのがFingboxです。

 

Fingboxの軽い説明
もともと、ネットワーク状態をモニタリングアプリとしてFingというアプリがで出ていたのですが、より細かい状況把握できるようにするため、Fingboxが開発された、というわけです。
最近は、セキュリティについても結構気にしなければいけないと思っていたので、クラウドファンディングのIndiegogoで発見し投資(この場合購入ではないので)してみ他結果、めでたく生産にこぎつけたということで、製品が届きました。

 

www.fing.io

いよいよ開封!
箱は、いたってシンプル。写真からはあまりわからないかもしれませんが、シンプルというより、ちと安っぽいのかもしれません。Ankerのシンプルな箱とはちょっと質が違ってました。

IMG_2098

もともと、アプリがライトブルーで統一だったので、同じように箱もライトブルーを踏襲しています。

中を開けると、中央に入っている小型のWifiルーターみたいな大きさのものが本体です。付属品も電源ケーブルと、LANケーブルが付属してました。

IMG_2098

本体は、それほど重くなく、重さもWifiルーターよりも軽いくらいです。逆にこれほどの大きさが必要だったのか謎です。

 

本体の裏を見ると、給電用のMiniUSBポート、LANポート、USBポートが見えます。

IMG_2098

接続は簡単で、既存のネットワークのハブにLANケーブル経由で接続するだけで、起動し始めます。

 

無事起動を確認したあとは、アプリでユーザー登録をした後に、Finboxを認識すれば完了です。

実際の使用感などのレビューはまた次回。
 

 
 

「新しいiPad」出ましたね!勝手に感想〜!

ようやく発表されました!

勝手に本日の発表の感想をいってみたいとおもいます!

 

iPad

Retinaディスプレイキタコレ

Retinaディスプレイは、大方の予測通りでしたね。実際に手に取ってみるまではわかりませんが、かなり綺麗なんでしょうね。とっても楽しみです。アップルストアに行くと見られるかな?

HDテレビよりもピクセルが多いって凄すぎます。凄いゲームが出てきちゃうんでしょうね〜。個人的にはゲームあまりやらないのでよくわかりませんが。

 

ワクワクのCPUは、A5X!

CPUは、れも予想通りのA5Xでしたが、これはベースはデュアルコアでグラフィック部分がクアッドコアというものらしいです(アップルHPより)。

ここでクアッドコアのA6にしなかったのは、電池の持続時間との関係だったのでしょうか。

こうなってくると、次期iPhone(iPhone5?)の発売時期にまたCPUは何を使ってくるのかが大きな話題ることが予想されますね〜。

 

カメラはチョイとバージョンアップ

そして今まで、あまりにもトホホすぎるとか色々いわれ続けてきた、カメラも5メガピクセルにバージョンアップされています。

ここで、Android端末のように、「そら!XXメガピクセルカメラになりましたよ!」みたいにやたらと、機能アップして「iPhoneよりも高画質のカメラ載せました」ということをせず、5メガに抑えてるのがAppleらしい割り切りに感じました。

 

この辺の割切が、戦略的な価格設定を可能にしている理由なのか、はたまたiPadにはカメラをとったり動画をとったりということはあまりしないだろうというAppleの考え方なんでしょうね。

個人的にも、Skypeとかでカメラはあったほうがいいと思いますけど、iPadで写真取るかといわれると、積極的には取りませんからね。

 

LTEもキタコレ

そしてLTE!対応で出ましたね!個人的にはどうかな〜と思ってましたけど、逆にこれで時期iPhoneは確実にLTE対応ということになりますね(これは当たり前ですかね)。

日本のAppleのHPではまだ通信キャリアはソフトバンクだけの対応になっているので、LTE機能は無駄になっちゃいますけど、今後の展開に注目です(KDDIからは4月に入ってから発売となるみたいですね)。

掟破りのdocomoから発売ってないかな〜?

 
その他
そして、ハードウェアだけでなく卒なくソフトウェアもきっちりアップデートということでiPhotoiPadiPhone対応のユニバーサルアプリとして登場です。
なんか、使いこなせそうにないくらい機能満載って感じのアプリですね。これでとった後の写真管理が簡単になりましすね。
こうやって、使ってみるともっと早くからあってよかったこと思うアプリですね。

同時にiBook iTunesU remote iMovie GarageBand Numbers Keynote 友達を捜す等もがアップグレードになってます。

iPadの高機能化のせいかもしれませんが、プレゼンもメディア作成の面をかなりアピールしていたように思います。ただ、そうなるとやっぱりSDカード等がさせるようにしたりとか、外から何らかの形で加工用の素材を取り込む方法が必要になりますね。まだまだiCloudだけのデータのやり取りでは自由度もないし心許ないきがします。
 
 
 
【Siriが日本語覚えました!】

iPadの発表とあわせて、iOS が5.1になってSiriが日本語対応になりました!

英語圏の人には、ロック画面からのカメラ機能アクセスの仕方が変わったぐらいですが、日本語を使う人達には嬉しい変更ですし、わざわざ日本語だけを対応にしてくれてそれを発表してくれた事も嬉しい!ありがとう!クックさん!

現段階ではとりあえず「日本語は理解できます」という程度で、検索サービスや地図サービスとの連携はできていないので寂しい感じですが、3月一杯の間に調整していくようなので楽しみです。

ただ、発表のスライドを見るとなぜか28までのところに◯がついていたので、3月28日までには対応完了ということなんでしょうかね?特に細かい発言はなかったですけど。

日本語に正式対応するとなると、ウルフラムアルファとの連携や、yelp!との連携はどうなるんでしょうね。ウルフラムアルファは、英語で使っているとその検索結果の凄さが感じられるのですが、どういう形で対応されるのか興味津々です。まさかウルフラムアルファが日本語対応するということはないような気がしますが....普通にGoogleと連携ということになるんでしょうかね。

また、日本ではサービスを開始していないYelp!との連携はどうなるんでしょうね。

さて話はそれますが、Siriって、アメリカ国内で日本語を設定してるとどうなるんでしょうね?やっぱり使えないんでしょうか?

日本語で「ブロードウェイ」といってもテキストとして認識はできてもそれを英語に変換するってのはハードル高そう。カタカナ語はかなりいい加減だし。でも、アメリカでなくても海外に住んでる日本人だったら、日本語を指定してSiri使いたいと思うんだけど、今後こういったことも調整していくんでしょうか。だから、まだ「β」なんでしょうか?

 

あと少し謎なのは、今回Siriが日本語対応したにもかかわらず、新しいiPadはSiri未対応でディクテーション機能だけの搭載なんですよね。そして、このディクテーション機能なんですが、5.1バージョンアップすれば4Sでは当然使えるんですが、それ以外の現行機種では使えないみたいです(自宅のiPhone4、3GS、初代iPadでは使えませんでした)。

 

Siriを使わなければ、ディクテーション機能くらいは追加されてもいいように思いますが、何か理由があるんでしょうか。

Siriサーバーの容量の問題なのかな。機種を広げるよりも、対応する言葉を広げるということなのかな。

 

さて、Siriさんの日本語認識率はというと、個人的には英語で使っていたときより認識率が悪い!という印象です。これは、私が日本語よりも英語が得意だと言うことではないと思います(当たり前)。

それも、今後多くの日本人が使い始めると、認識率もあがってくることに期待しましょう。

 
 

【TVは、32インチとか出なかったよ】

そしてAppleTV。これも第三世代になりますね。色々噂があったように、本当のテレビは発売しないみたいです。少なくとも現時点では。

個人的には、One  more  thing の扱いで紹介されるかと思いきや、さしてこだわりと見せるわけでもなく序盤でいきなりサラっと紹介されちゃいましたね。

HDに対応したということなんですが、日本ではNerflixもサービスが提供されてませんし、iTunes storeからしか映画がレンタルできない、TV版組もiTunesStoreから手供されていない、という状態ではものすごくインパクトがある機能強化には感じませんでした。

やっぱり、今後この製品をどう展開していくかをまだ考えているってことなんでしょうか。少し、UIが変わったようですが、これはOSをアップグレードすれば第二世代でも対応が可能です。私の場合は、AppleTVは殆ど毎日のようにお世話になっているので、大好きな製品の一つですが、今回は見送りだと思います。

あとひとつこれも日本ではあまり関係ないですが、今まで音楽、TV番組に対応していたiTunes in the Cloud が映画にも対応しするようです(日本語版のiTunesでは、環境設定の部分には「映画」が追加されていなかったので日本では未対応かもしれません)。

日本でもココらへんはテレビ番組とかも、独自でやらないでどんどんiTunes通して提供したらいいと思うんですけど、そう言わけに行かないんですかね〜。消費者からすると、ワンストップでことが済めばとても楽なんですけどね。

 

 

【その他】

1.「あたらしいiPad」?ってなに?

先にも述べたように、個人的にはかなり性能アップのiPadだったにも関わらず、名前が...「新しいiPad」てなによ?

ライブブログでも、最後までなんと呼んだらいいのかわからずにいて、さらにはiPad2まで並行して売るもんだから、更に呼び方がややこしくなってしまいそうです。

AppleのWebをみると、iPad(第三世代)と書いてるし、製品紹介のビデオでもって3rdジェネレーションiPadと言っていましたね。ので、iPodと同じようにモデルチェンジをする度に名前を付けるのをやめたという事なんでしょうか。

確かに、Macは新しいモデルが出る度に一々名前を変えてません。逆にiPhoneのように毎回別の名前をつけている方が珍しいくらいですので、そう考えるとこの変更は納得できます。

ただiPodやMacのように名前を変えないのだとすると、逆に以前から噂の一回り小さめのiPadiPad miniとして売るなんて事もあるんじゃないかと勘ぐってしまいますね。

 

2.ストアやホームページの更新ができなさすぎ。

予約は今日からといっていたのに、HPの更新、ストアの復旧も結構時間かかったように思いました。注目が多かっただけならいいんですが、今までこんな事あったかな?

 

3.iPhotoとかもスムーズにダウンロードに繋がらず。

ダウンロードすぐにダウンロードできなかったし、5.1へのバージョンアップも可能になるのに結構時間かかったように思いました。こんなものなんでしょうか。

全体的にギクシャクしてたかな〜という感じですね。

でも、クック新CEO僭越ながら頑張った!という感じでしたね!今年はまだまだなにかありそうな、思わせぶりな事をいって最後閉めてましたけど、楽しみにしたいですね。

iPad3 楽しみですね!(出る前提でのお話)

事前の噂通り3月7日にイベントが開催されることと、招待状のシルエットから、既にiPadが出る前提で盛り上がりがきている今日この頃です。

 

 

Retinaディスプレイ

Retinaディスプレイは、iPhoneでも大きなアピールポイントになっている事からも、今回のiPad3ではディスプレイのバージョンアップを行ってくる可能性は大きいように思います。

 

Retinaディスプレイで一番影響を受けるのは、iOSのゲームからでしょうか。動画の編集とか画像処理のアプリなんかも出てきそうですがけど、さすがに機器の性能が追いつかないでしょうかね。

とにかく、Retinaディスプレイは期待したいですね。

 

 

CPU

3月6日の時点では、クアッドコアのA6が搭載されるという噂とデュアルコアのA5Xが搭載されるという噂もあります。

上記の通り、画面の高解像度化がされることと、今後のiOSのバージョンアップによる高機能化、Android陣営が今年はクアッドコア搭載機を続々と投入してくることなども考えると、できればA6で出してほしいところです。

 

現在は初代iPadを使っていますが、iOS5にしてからかなり遅くなってしまったので、最低でも二年くらいは普通に使えるくらいのスペックは持たせてほしいというのが本音です。

 

意表をついてiPad3はA6搭載で、iPad 2または小画面の新しいiPadをA5Xで出したりとか、AppleTVでA5X搭載とか、そういう展開になってほしいですね。

 

 

LTE

この辺から、予想が難しくなってきますね。LTEが出ることとなったら、iPad3はWiFiバージョン、3G/CDMAバージョン、LTEバージョンの3バージョンで出るのでしょうか?

LTE搭載iPadがでるなら、日本の場合はどのキャリアが扱うのかということに注目が集まりますね。LTEを出すなら、意表をついてdocomoからも出るんでしょうか?今のところdocomoは全くの音無しの構えですね。ここで、クックさんかフォレストルが「We will like to welcome docomo」とか言っちゃうと面白いですけど。

もし、LTEバージョンが出るとなると、やっぱり日本のキャリアからは全く出ないと悲しいですもんね。

 

 

Siri

日本のユーザーとしては、ベータ版としてiOS5.1がリリースされて暫く経っており、Siri自らも日本語がしゃべれるといっている(現在は、修正されているみたいですが)ということからも、この機会にSiriも日本語対応にSiriなってくれると嬉しいですね。

英語でも使えてますが、日本の地図情報も使えるようになると、かなり便利さが増しますしね。

 

 

NFC

これはどうでしょう?鳴り物入りの技術ですが、アメリカでもなかなかNFCを搭載している端末が普及していないようですし、Appleも暫くは様子見なのでしょうか。こちらはLTE対応よりも急いで搭載する必要は低そうですから、次か次の機種まで待てそうですね。

 

まだまだ、色々有りそうですけど楽しみに発表を待ちたいと思います。

CES2012スタートしましたね!

大方の予想通りではあったんでしょうけど、兎にも角にもAppleの後ろを追いかけないと商品が作れないのかという感じの発表が相次いでいますね。

ちょっとオモシロイと思ったところを勝手に色々書いてみました。

 

Samsung Galaxy Note

ヨーロッパや香港でも出ていたものが、LTE対応でアメリカも出るようです。

なんと掟破りのスタイラス採用!(スタイラスとは呼ばないみたいですけど)どうなんでしょうか?

結局、Androidのタッチ制度が悪いのをスタイラスでカバーしようということなんでしょうか。

5.3インチディスプレイ搭載ということで、Androidはとにかく何でもあり!他者がやってないことはとにかくやってみる!みたいな勢いがいいですよね。

特に、サムソンやHTCはひたすら色々な機種を出して、これで5.3、7、7.7、8.9、10.1タブレットを出していますが、果たして採算がとれるのかと心配になるくらいですが、とにかく元気です。

まぁこれだけきざんでどうするんだという感じもしますが…..

 

5.3インチってどういう位置づけになるんですかね?ガラケーもっている人の情報端末みたいな感じでしょうか。

 

 

Nokia Lumia 900

Aceと呼ばれていたLumia 900が発表されましたね。フロントカメラ搭載、LTE、AT&T独占という形でスタートです。4.3インチと800よりも多少大きめのスクリーンです。

800のレビューでも述べていますけど、モノコック?のボディの仕上がりはかなりいいので、アメリカでも売れるんじゃないかと思います。デザインもおしゃれですしね。

ただ、折角スクリーンも大きくするんだったら、ちょっとデザインを変えてきてもよかったのかな〜と思いましたけど。

色々間に合わなかったのかな?

AT&T独占ということですが、まぁ最終的には他のキャリアからも出るんでしょうね。

 

その他

HTC TitanIIも発表され、アメリカ市場でもようやくWindowsPhone7が動き出したという感じですが、今後はどうなっていくんでしょうか?

確かにLumia 900も800も製品としては結構いい出来ですし、WindowsPhone7も個人的には気に入っています。Androidよりは使いやすいんじゃないかとも思います。

ただ、現状のシェアを挽回するくらいの爆発力があるデバイスかというとそうでもない気がするんですよね。

 

変わった所で......

カシオの可視光線通信が結構カッコイイですね。カシオらしい少し捻った感じの機能が今後普及するのかどうなのか、期待したいところです。オープンソース化するとかしないと難しいかな。LTE、NFC、とか色々組み込んで行かないといけないものが多そうですからね〜。

 

テレビ関連

Samsungが有機ELの55型を発表しましたね〜!かなりアグレッシブな展開です。確かSONYも有機ELのバカ高いテレビを出していましたけど、いよいよ時代が有機ELに入ってきたということでしょうか。

この会社は、ほんとうに元気がありますね。日本の会社も頑張れ!

 

モーションコントロール、顔認識、音声コントロール機能を付加したTVってどうなるんでしょうか。そもそもきちっと機能するのかということも含めて興味津々です。

ただ、個人的には3Dなんかに注力するよりもこちらの方が全然いいとは思います。

 

後は東芝の55型、グラスレス3Dも3Dの技術のなかでは注目です。

 

あと、Lenovoがテレビを出していたのを始めて知りました。といっても先ずは中国国内で発売と….何故わざわざラスベガスまできて発表したのか謎ですが….

 

KinectがWindowsに!

WindowsにもKinectが登場するようですが、どういう製品になるんでしょうか?ノート型にも邪魔にならずに置けるようなものなのか、2月1日が待てませんね。XboX用のが普通に流用できればいいのに。

 

だらだら書いてしまいましたが、CESはやっぱりワクワクしますね〜!

明日の発表も楽しみです!

 

ソフトバンク デジタルTVチューナー【開梱編】

今日は、ソフトバンクデジタルTVチューナーの開梱です!

これは、以前出ていたワンセグチューナーの地デジ版で、なおかつWifiベースステーションとしても使えちゃうという超スグレモノのデバイスです!

ソフトバンクは、こういったiOSデバイスの周辺機器に結構力入れてますよね。その辺の「Appleラブ!」な姿勢はとても素敵ですし、auやdocomo(将来的には)には真似ができないところだと思います。

さて箱は至ってシンプルでこんな形です。白戸家に拘っているのかどうなのかはわかりませんが、白ベースの箱になっています。

f:id:z_kenpachi:20111223204130j:plain

 

箱の裏面はこんな感じです。

f:id:z_kenpachi:20111223204143j:plain

箱を開けると中には、本体、LANケーブル、電源アダプターと極めて当たり前の構成。特になんか変わったものは入っていません。

f:id:z_kenpachi:20111223204325j:plain

大きさは、AirMacベースステーションよりも二回りくらいは小さい感じです。ハードディスクが入っていないので、重さもかなり軽いです。

f:id:z_kenpachi:20111223204416j:plain

上部には、状態を示すLEDとソフトバンクのロゴがあります。

 

必要なものは全て背面に集められています。

f:id:z_kenpachi:20111223205100j:plain

左から、B-CASのカードスロット(mini)タイプ、LAN、電源プラグ、アンテナの端子が揃ってます。

以上で開梱編は終わりです。接続等はまた別編でお知らせします。

gorilla mobile

ブログで写真を撮る時に、なにかカメラを固定するものがないかと思い、gorilla mobileを買って見ました。

gorillaシリーズは、有名なので多くの人は知っていると思いますが、コンパクトカメラ用からiPhoneも3Gようや4など製品ラインが細かくあります。

細かく色々な角度でカメラが固定できるといいなと思っただけで、gorillaを探していただけなので、あまり考えずに買ってしまいました。

f:id:z_kenpachi:20111218201015j:plain

買ったのは、「mobile」という製品で3Gとコンパクトカメラを固定できます。

 

付属品は、こんな感じ。

f:id:z_kenpachi:20111218201146j:plain

左側:固定用のアタッチメント(吸盤、シール、コンパクトカメラ用)

中:3G用のケース

右側:例の肢

 

残念なのは、ケースに3Gを収納して使おうとするとシールで固定しなければいけないんですね。個人的には、シールとかを貼りたくないので(保護シールは別)、3Gに使うのは無理そうです。

まぁコンパクトカメラには充分使えるので結果としては良かったですけどね。

 

 

Plug Bug 導入!

みなさん、Plug Bugという製品はご存知でしょうか?

MacBookのアダプターに追加するUSBプラグです。

説明が難しいのですがこれをMacBookの電源アダプターにつけると、コンセントを占領せずにUSB充電が可能になってしまうというシロモノです。

特に喫茶店やホテルなど出先で、コンセントが一口しか使えない時にこれがあるととても便利だと思います。

早速パッケージからですが、パッケージはこんな感じです。

f:id:z_kenpachi:20111211120516j:plain

まぁ、特におしゃれというわけでもないですかね。右側がスライドすると出てくる中箱です。

f:id:z_kenpachi:20111210191836j:plain

 

中箱に、PlugBugがスポンジの中に収まっています。

f:id:z_kenpachi:20111210191851j:plain

赤が鮮やかでなかなかおしゃれです。

 

この製品の下の部分をずらしていくと.....

f:id:z_kenpachi:20111210191916j:plain

2つのパーツにわかれます。

f:id:z_kenpachi:20111210191927j:plain

右の部分はカバーで、本体が左部分になります。

 

一方でアダプターのコンセント差込の部分を外して....

f:id:z_kenpachi:20111211085707j:plain

PlugBug本体を合体させると...

f:id:z_kenpachi:20111211085717j:plain

ガッチーン!!!「がったーい!」

f:id:z_kenpachi:20111211085756j:plain

とこうなります。白に合体すると赤がさらに映えますね!

こう見ると、白もかなりハッキリした白なんだな〜と改めて感心したりして。

 

USBコネクターは、コンセントの差込の反対側に付いているので、丁度こんな感じになります。

f:id:z_kenpachi:20111211090034j:plain

これ、USB一つあるとかなり便利に使えますし、それほどかさばらないのでとてもお薦めです。

目にしたら一度試してみてはいかがでしょうか。